脇脱毛のデメリットと言われるのが、脇汗が増える事です。脇のムダ毛に関する悩みがなくなっても、汗が増えてしまうのは困ると感じる人も多いでしょう。実際に脱毛をすれば汗が増えるかといえば、汗の量自体が増える事はありません。

汗が増えると言われているのは、毛がある状態と毛がない状態では、汗の感じ方が変わる為です。毛というのはそこに水分を吸収する事が出来ます。

毛穴の中に毛がある状態であれば、汗腺から出た汗の一部は毛に吸収される事になります。すると表面に出て流れ落ちる汗の量が減る事になります。ですが、脱毛をして毛穴の中に毛がない状態にしていますと、汗腺から出た汗は、そのまま肌を伝って流れ落ちていく事になる為、ムダ毛があった頃に比べて、脇汗の量が増えたと感じる事になります。

汗自体は増えていないのですが、流れる量が増えれば、それだけ衣類にシミができやすい状態になる等、汗の状態が気になりやすくなります。ただ、汗というのは毛に絡まって同じ場所に留まっていると細菌を発生させ、脇のにおいの原因となってしまう事があります。

ですが、毛穴から出て同じ場所にとどまらずに流れ落ちる状態になれば、細菌が発生しにくく、体臭の軽減に繋がる事になります。ですから、汗が増えたと感じる事はデメリットばかりとは限りません。脱毛をする事によって、以前に比べて汗の量が増えたと感じる事がありますが、脱毛にはそれ以上のメリットがあるので、ムダ毛に悩んでいるのであれば、施術を受けておいて損はありません。