自宅で簡単にできるセルフ脱毛ですが、肌トラブルを起こし失敗したと感じる人も少なくありません。では実際に起こりやすい肌トラブルには何があるのでしょうか。セルフ脱毛で思い浮かびやすい物に毛抜きがあり、特に脇の毛を抜くことに使用する人もいると思います。

毛抜きにより起こりやすい肌トラブルには毛抜きで肌を傷付けることで起こる炎症や埋没毛、鳥肌のようなブツブツした肌が主に挙げることが出来ます。毛抜きを使用する場合は消毒液などで毛抜きを清潔な状態にしてから使用することや肌を温め毛穴を開いた状態で毛の向きに沿って優しく抜いたり、その後はしっかりと冷やし毛穴を閉じるという方法を取ることが必要になります。

清潔な状態で脱毛を行わないために毛抜きによって傷ついた肌からばい菌が入り炎症を起こしたり、狭い毛穴から無理矢理ムダ毛を引っ張ることで埋没毛やブツブツした肌の原因にもなります。その様な失敗を防ぐためにも、正しい方法を取ることが必要です。他の方法として脱毛クリームを挙げることも出来ますが、これを使用する前にパッチテストをして自身の肌に問題なく使用できるかどうかを確認したり、使用後は紫外線を避ける、肌が敏感になりやすい生理前後には使用しないということを守ることでも肌トラブルを防ぐ効果があります。

美容サロンや美容クリニックで脱毛の施術を行った後は肌のクールダウンや保湿など、アフターケアをしっかりと行うことが多いですが、自宅でも自分自身のでアフターケアをすることも大切です。これはセルフ脱毛でも同じことが言えるので、失敗をしないように気をつけましょう。