現在、永久脱毛状態を達成するには、医療機関でレーザー脱毛するのが主流となっています。レーザー脱毛という手段が普及する前は、永久脱毛の手段には、電気針脱毛しか方法はありませんでした。

毛穴のひとつひとつに電気針を刺し込み、電流を流すという方法で、かなりの手間暇がかかり、費用は相当に高額で、あまり身近な方法とは言えませんでした、そこにレーザーが登場し、あっという間に電気針にとって代わりました。レーザーだと、一定面積の毛穴がごく短時間に処理できるため、当初は高額でしたが、現在では相当費用が下がってきています。時間がかからず、電気針よりも費用が格段に安いため、身近な方法となり、利用者が相当増えたことも、低価格化につながりました。

レーザー装置をいったん購入したら、数多く利用することで、利益率がどんどん上がります。高い料金設定をして、利用者があまりいないという状況より、価格を低くしてたくさん利用したほうが、結果的には利益になります。

 レーザー脱毛の普及で、都市部では医療機関の競争も激しくなり、価格低下が加速しています。脇だけであれば、5回契約で5千円以下というところもあります。レーザーが登場したばかりの頃の値段の1割ほどという例も出てきている状態です。

今後、値段はさらに下がっていく可能性もあります。レーザー装置の性能も、日進月歩で良くなってきていますから、利用者にとってはたいへん歓迎すべき事態になりつつあります。