脱毛は文字だけを見ると痛そうなものですが、果たして痛いのかどうか気になるという人は多いものです。よく脱毛の痛みとして例えられるレベルが輪ゴムで軽く弾いたときぐらいの痛みというものがありますが、結局のところこれは部位や個人差があるものとなっているので、全てが全てこのようなレベルというわけではありません。そのため、輪ゴムで軽く弾いた程度の痛みに部位もあればもっと痛みもないというところもあり、その逆に痛くて我慢できないほどのレベルということもあるのです。

痛みが強い部位としてはVIOゾーンであったり、脇毛のような太くて濃い毛が密集しているところほど痛い傾向にあります。男性の場合には、髭なども痛みが強いとされる部位であり痛みが原因で脱毛を断念してしまう人が出てくることもあるぐらいとなっています。

逆にそれほど毛も濃くなく太さもそれほど出ない場所に関しては痛みもそこまで強くないということになるので、部位やその人の毛質によって変わってくるというのが実際のところになります。痛くて脱毛を受けることができないのではないかと心配になっている人は、事前に体験脱毛などをしてみるのが良いでしょう。脱毛というのは最初の頃は痛みが強く、回数を重ねるごとに痛みは少なくなっていきますから最初の段階でなんとか我慢をすることができそうであれば、あとはそれほど苦労をすることがないので実際に体験をしてみてから受けるかどうか決めてみるという方法もあります。